送り先1か所あたり
4,000円(税込)以上で送料無料

今週の風の詩

第3932号 珈琲の香り(2024.6.23)

珈琲の香り
麦生田直子

 お金が貯まらない理由の一つに外でお茶を飲むことがあるそうな。
そうなんだと思いながら、きっとやめないなと思う。
 子供たちが小さい頃、動物園のカフェで飲んだ。
子育てに忙しい時、ほっとする一杯だった。
 娘が高校生の時、駅前のファーストフード店で一緒にお茶した。
家で話せないこともお喋りしたような気がして楽しかった。
 受験や進路など、少しややこしい相談をする時は必ず、
勝手に家族会議と名前を付けて、
近くのファミリーレストランでモーニングを食べながらコーヒーを
飲んだ。
 今は主人と、出かけた先で決まってカフェを探す。
同じ店でも場所や気分によって、違う味わいになるから不思議。
頼んで見たものの、辛くて一口も口を付けられなかった事だって勿論
あった。でも今は、コーヒーと時々スイーツでもあれば、そんな時間が
幸せだなあと思う。
 親友がコーヒーの鑑定士の資格を持っている。
全国に何人と言うぐらいの難しい資格だと聞く。
 美味しいコーヒーに出会った時は、彼女の事を思い出し、少しだけ背中を
しゃんとしてみる。
 親友とは不思議なもので、お互い何か行き詰った時など、まるで知っていた
みたいにメールが来る。
元気にしてる?って。
美味しいコーヒーとそれを味わう時間、頑張っている友人、私の大切なものに
なっている。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 受付のみ・発送無し

土日祝日は発送がお休みです。水曜日も発送が休業の場合がございます。

ページトップへ